2021年01月13日

face flannel

posted by Lagado at 12:38| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

ヒト生育の異時性と個体発生と系統発生の関連

 産まれる前の母体の中で人間は、最初は小さな受精卵であり、次第に中枢神経系が作られ、手足が形成され、(出産された後で)直立し、言語を使うようになる。これはまるで、単細胞生物から始まり、原初の頭索動物や両棲類や類人猿を経たヒトへの進化の歴史をなぞっているようだ

 E.ヘッケルはこの現象を「個体発生は系統発生を繰り返す」と表した。この説は時代によって賛否が分かれる。現在では「科学的に正しいとは言えない」「経験則上その傾向はある」など、部分的に評価される。

 S.J.グールドは、ヘッケルの説を(賛同したか否かは別として)発展させ、著書『個体発生と系統発生』(Ontogeny and Phylogeny, 1977)に於いて異時性(ヘテロクロニー)が人間の進化に寄与した役割を推論した。

 異時性とは、発生生物学に於ける概念で、進化によって成長の速さやタイミングが変化することを指す。

 例えばウーパールーパーは、両生類には珍しく、幼体の特徴そのままで成体となる。これは、生殖能力だけを優先して生育することで低栄養の環境下でも子孫を残しやすいよう進化した結果と見られる。この「幼体の特徴を残して成体となる」現象が幼形成熟(ネオテニー)と呼ばれ、異時性の一種だ。

 こうした異時性はヒトにも見られる。ヒトという種の誕生、とりわけヒトの脳の灰白質の成長に異時性がどう関与していたかが『個体発生と系統発生』では論じられる。

 …しかし実は。著書が難解で、要約できるほど精読できていないのが正直なところ。ヒトは「脳が優先して成熟する」ことによって、「体全体の成長が遅い分、脳が時間をかけて発育できる」よう進化した…、と大雑把に理解している。


posted by Lagado at 20:18| Comment(0) | 古典拝誦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

Charging Bull

丑。
posted by Lagado at 07:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

G.T.R.第6回(エアコミケ2合わせ)

G.T.R.第6回。エアコミケ2合わせで無償DL公開。


・下記BOOTHでDLできるファイルは、ここに載せた画像と同一です。
→ https://lagado.booth.pm/items/2615739

・過去の同シリーズは、
 1〜3:https://www.pixiv.net/user/1333971/series/54694
 4(有償):https://lagado.booth.pm/items/1895759
 5:http://lagado.seesaa.net/article/474870423.html

・[広告]過去作通販中。
 メロンブックス。https://www.melonbooks.co.jp/circle/index.php?circle_id=47954
 BOOTH。https://lagado.booth.pm
posted by Lagado at 10:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月27日

船内病院と拘禁室

タイタニック号には右舷後方に病院があった。C甲板に診察室(surgery)と医師居室、D甲板に一般病室4室と感染症患者隔離用病室2室と医師控室。両甲板は専用階段でつながっていた。

画像はTitanic: Honor & Glory
病院内の専用階段。階段上のドアがC甲板にある病院入口。右奥ドアが感染症用病室につながる廊下。左手前のドアはEncyclopedia Titanicaによればロッカー室だが、Titanic: Honor & GloryのTwitter投稿(下記)には異なる情報があった。

即ち、左手前の部屋は「Padded room」という部屋。精神病院に見られるような壁面にクッションが付いた小部屋で、営倉(brig)としても使われるそうだ。
posted by Lagado at 13:11| Comment(0) | タ号連接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

#2020年の絵を振り返る

ユーリ率の高さ。
posted by Lagado at 20:03| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

exfoliate-2

posted by Lagado at 05:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

道なき途を頑に


冬には灰羽連盟を思い出すという声をよく聞く一方で、夏パートではラッカに付き添いながら情景描写や慣習説明に尽力しつつもその後ストーリーの根幹からは退いたことにされているヒカリ×カナ組に栄光あれ。

※ここ数年の冬至(あるいは年末)の、ヒカリ×カナイラスト輯。
('19は休載)

'18   '17

'16   '15

'14
posted by Lagado at 21:08| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月19日

exfoliate-1

posted by Lagado at 20:06| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

moonshine

灰羽わんどろ投稿絵、その他。

















10年紀。



C.97用サークルカット。

灰羽わんどろその他、まとめのまとめ。[][][][][][][][][][一〇(本稿)]。
posted by Lagado at 20:08| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

posted by Lagado at 21:12| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

アンモニア燃料拡大の方向性(電気新聞)

アンモニア燃料は燃やしてもCO2を排出しないと讃えられるが、天然ガスからアンモニア燃料を生産する際にCO2排出を伴う。企業広告では触れてはいけないことになっているこの点が、匂わすようにさらっと書かれていた。

以下引用。
----
エネ庁、アンモニア燃料拡大へ/商用導入に向け4本柱示す(電気新聞2020年12月8日)

 経済産業省・資源エネルギー庁は7日、アンモニアの燃料導入拡大に向けた方向性を盛り込んだ「視点」を示した。石炭火力への混焼などを中心に、2020年代後半の商用導入に向け、「安定供給」「経済性」「環境」「海外展開」の4つを柱とした。アンモニア生産時の二酸化炭素(CO2)排出が課題の一つだが、当面は普及に重点を置く方針。状況を見つつ「ブルー」「グリーン」など、合理的なコストでのCO2抑制を進める。来年春までに開く次回会合で中間取りまとめとして正式決定する。

 7日に開いた2回目の「燃料アンモニア導入官民協議会」で提示した。4つの視点は、関係者が効果的にアンモニアの燃料導入を拡大できるよう作成。安定供給に向け、他資源と同様に調達先の政治的安定性や地理的特性に留意する。競争力向上へ原料調達、生産、輸送・貯蔵、利用、ファイナンスなどの面でコスト低減が重要だと指摘した。
----
posted by Lagado at 20:42| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月05日

posted by Lagado at 22:09| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

99


posted by Lagado at 20:17| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

Throwing

posted by Lagado at 20:26| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

物つくとて起きあがりたる気色もらうたげなり(枕草子)

枕草子に「長い髪の女性が、嘔吐する時に邪魔にならないよう髪を後ろにまとめる仕草はかわいらしい」というくだりがあると聞いたので期待しながら検索。

枕草子第百八十段(抄)
(原文)
胸をいみじう病めば、(…中略…)いと麗しう長き髪を引き結ひて、物つくとて起きあがりたる氣色(けしき)もらうたげなり。

(大意)
胃痛でひどく苦しむ女が、(…中略…)とても艶やかで長い髪を結い上げて、「吐きそう」と言って起きあがる様子も、可愛らしい。

覚え書き。
【らうたげなり】 いかにも可愛らしい。
【物つく】 (1)嘔吐する。(2)物怪が憑依する。…ここでは(1)と解される。

この描写が、「嘔吐する時の邪魔にならないように長い髪を後ろにまとめる」という理解で良いのか、正直はっきりとは分からない。ただ、高橋亨『枕草子講座』第三巻 枕草子鑑賞(有精堂、1975)には、
・病気にさえも美の感覚を発見してしまうのが、王朝びとのデカダンスの美意識
・嘔吐する若い女のいたいたしい愛らしさそれ自体は、湿った翳(かげ)の美として〈あはれ〉の範疇に属しているとみることができる
という記述があるそうな(出典はWeb記事からの孫引き)。
posted by Lagado at 21:41| Comment(0) | 古典拝誦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

2020年11月18日

映画「オルフェ」、ラジオの詩を比較

1.
 TEXHNOLYZE元ネタ作品鑑賞を目的に、映画『オルフェ』を各自同時鑑賞するイベントが、K-night氏の主催により行われました。その際、もはやTEXHNOLYZEとは関係なく、ラジオの詩のニュアンスが話題に。
 そこでラジオの詩の、各媒体における表記を、対比できるようにまとめます。詩に表面上の意味は無いのだから穿ってもそれ以上の情報には行き当たらない…とは知りつつも、指でさえずるくだりなど新たな発見があったのは事実ですので、ここに記しておきます。
 なお、ラジオの詩は何者かなど前提となる知識は、前記事「ラジオから流れる短文(TEXHNOLYZE第19〜20話)は何者か」を参照のこと。

2.
 同鑑賞会の翌日、TEXHNOLYZE北米版DVDの英語字幕および解説を、豪州在住のいちは氏がTwitterで紹介なさっていました。その解説は予想をはるかに超えて詳細だったので、併せて(というよりむしろ解説をメインに)記録させていただきます。
 解説は引用ではなく、意味が変わらぬ範囲で大幅に書き換えました。というのも、他の記事に書いたように私は「TEXHNOLYZEのラジオの詩は、(株)IVC発売のDVD日本語字幕から引用した」という前提に立っており、そこを疑う意図はないからです。原文も併せて参照ください:


凡例。以下の各行は、
 a):TEXHNOLYZE作中のラジオの音声。
 b)(株)アイ・ヴィー・シー発売のDVDの日本語字幕。
 c)吹替版音声。3種あるらしい吹替版のうちいずれかは不詳。
 d):Amazon Prime Videoの日本語字幕。
 e):同、英語字幕。
 f):TEXHNOLYZE北米版DVDの英語字幕(情報提供:いちは氏)。



a)沈黙は後退する 繰り返す

b)沈黙は後退する/繰り返す 沈黙は後退する

c)沈黙は すぐに後退する 3回 繰り返す

d)静けさは 2倍の速さで後退しているようだ/静けさはどんどんと後退するばかり/繰り返す 静けさはどんどんと後退するばかり

e)Silence is twice as fast bacwards... three times

f)Silence recedes. I repeat.
 ▽いちは氏の解説: (主に、上記e)f)の差異を考察したもの)
 「後退」という語は、単に「後ろへ下がる」のほか、「勢いが衰える」「程度が低くなる」「無くなっていく」イメージも表す。そこをf)TEXHNOLYZE北米版では動詞recedeで表現。e)オルフェAmazon Prime英語字幕は副詞backwardsで表現し、更にtwice as fastという修飾句も加わっている。

 f)TEXHNOLYZE北米版のrecedeには、去っていく、遠のく、薄れる、弱まるという意味が含まれ、後ろに下がるよりは、何かから遠ざかっていく、離れていくイメージがある。
 対してe)オルフェAmazon Prime英語字幕のbacbwordsは、後ろへ下がるだけでなく、not advancedという意味も含む。これは、衰退していくイメージが強い印象。(ちなみに副詞体のbackwardにsを付けるのはイギリス英語の表現のようなので、オルフェのAmazon Prime英語字幕を付けた者はイギリス英語圏の人である事が分かった。)

 f)TEXHNOLYZE北米版がシンプルなのは、簡潔なa)TEXHNOLYZE日本語音声から訳したからと思われる。一方で、a)TEXHNOLYZEで何故「twice as fast」が抜け落ちたのかは不明。d)オルフェAmazon Prime日本語字幕は「どんどんと後退するばかり」となっているので、元の仏語にはtwice as fastのニュアンスが含まれている可能性が高い。このtwiceはasが付いているので「2回」の意味合いではなく「はるかに」というように後の語を強調する使い方。d)オルフェAmazon Prime日本語字幕に「どんどんと」が含まれるのも納得できる。



a)たった1杯の水が世界を明るくする

b)コップ1杯の水が世界を明るくする

c)注意 傾聴せよ ただ1杯の水が世界を照らす 2回 繰り返す

d)コップ1杯の水で 世界はいっぺんに明るくなる

e)One glass of water illumines the world... twice

f)Only one glass of water brightens the world.
 ▽いちは氏の解説: 
 e)オルフェAmazon Prime英語字幕f)TEXHNOLYZE北米版の違いは、「only」の有無と、ilummine/brightenという異なる語が使われている点。

 a)TEXHNOLYZEの「たった」は独自の表現か、元の仏語にonlyのニュアンスが入っていたのか定かではない。
※ラガードー註。onlyは、和訳とは別次元の話で、TEXHNOLYZEの脚本の問題。つまり、a)b)が明らかに異なるのはここだけであり、only(たった)を含意するのもa)TEXHNOLYZEだけ]

 f)TEXHNOLYZE北米版の動詞brightenは、一般的な「明るくする」のほか、華やか、陽気などポジティブなニュアンスを含む

 対してe)オルフェAmazon Prime英語字幕の動詞illumineは、フォーマルな表現かつMiddle English(中世英語)。現在はilluminateが使われるのが一般的らしい。illumineの語源はOld Frenchのilluminerなので、「オルフェ」の仏語がilluminerなのかもしれない。基本的にはbrightenと同じ意味だが、英英辞書には「unclear or difficult to understand, you make it clearer by explaining it carefully or giving information about it」とあり、解明するといった意味も含む。(元の仏語がilluminerだとして)「(グラス)一杯の水が世界を解明する」と表現してもカッコ良さそう。



a)鏡は思考力を増大させる ひとたび繰り返す

b)鏡は思考力を増大させる

c)注意 傾聴せよ 鏡は実像よりはるかに良く映すべきだ 3回

d)(なし)

e)The mirrors would do well to reflect again... three times/I repeat...

f)A mirror improves the ability to think. I repeat once.(英語音声は「I repeat again」)
 ▽いちは氏の解説: 
 かなり表現が違っていて面白い。まず冠詞がaかtheで意味合いが変わってくる。即ち、a)TEXHNOLYZEは単に鏡一般を指しているのに対し、e)オルフェAmazon Prime英語字幕特定の鏡を指しており且つ複数形

 a)TEXHNOLYZEf)TEXHNOLYZE北米版の意味はかなり近い一方で、e)オルフェAmazon Prime英語字幕はまるで異なり、「would do well to do 〜」というフレーズが使われている。これはshouldに似て、誰かにアドバイスやおすすめをする時にいう控えめなフレーズで、to reflect againを勧めている状況となる。「(特定の)鏡は、もう一度映すことをすすめる」という意味合いになると思われる。
※ラガードー註。againを「更に良く」と意訳した(元の仏語はそのような意味合いと思われる)のが、c)オルフェ吹替版の和訳が理解できる]

 ところで、どこから「思考力」という言葉が出てきたか。「reflect on 〜」ならば熟考するといった意味になるようだが、前置詞なしで「思考力」という訳は考えにくい。
 もしかすると元の仏語はthat節になっていて、「to reflect (that ○○) again」(○○をもう一度熟考する)という文かもしれない。だとすれば直訳では「(特定の)鏡は、もう一度(○○を)熟考することをすすめる」となり、思考力とも訳せるのかもしれない。



a)鳥は指でさえずる 繰り返す

b)鳥は指でさえずる

c)鳥は指で 歌を歌う 1回 繰り返す

d)鳥は自らの指で歌を奏でる

e)The bird sings with its fingers... once

f)The bird sings on the finger. I repeat.
 ▽いちは氏の解説: 
 ほぼ前置詞の違いだけだが、まるで意味が変わってきて面白い。f)TEXHNOLYZE北米版は指の上でさえずる(歌う)という意味。一方のe)オルフェAmazon Prime英語字幕“自らの”指でさえずる(歌う)という意味で、暗喩的な表現としても受け取れる(日本語面白い……!)。

※ラガードー註。個人的に今回の上映会の最大の発見がこれ。同じフランス語でも訳す者によって細部は当然異なるので、b)IVCの日本語字幕d)オルフェAmazon Prime日本語字幕の訳を比べ、意味が補完されることもある。「指でさえずる」の“で”は、「動作・作用の行われる場所・場面を表す格助詞」と思っていたが、そうではなく「動作・作用の手段・方法・材料などを表す格助詞」だったとは…。
即ち、「鳥が、人間の指に止まって鳴く」絵をずっと想像していたが、そうではなく「鳥自身が、声帯ではなく指を用いて鳴く」だったとは…。
参考1. 格助詞“で”
参考2. 鳥類に指があるのか調べたところ、あるらしい。笠岡市立カブトガニ博物館Webサイト参照]

 どちらも「さえずる」を、小鳥がチュンチュン鳴くようなtwitterやchirpを使わず、singとしているのが詩的な表現でなるほどなと感心。ちなみにd)オルフェAmazon Prime日本語字幕は「鳥は自らの指で歌を奏でる」なので、元の仏語(=映画「オルフェ」製作者の意図)はe)オルフェAmazon Prime英語字幕の意図を汲んでいると分かる。
 ところでもしこれが「The bird twitters with its fingers」だったとしたら、完全にTwitterを指しているではないか

↑Amazon Primeウォッチパーティのチャット欄。K-night氏画像提供。
K-night氏「この反応は大爆笑」
いちは氏「完全にTwitterの事を指しているじゃないか……と、先日のウォッチパーティー上のチャットを思い出して笑ってしまいましたw」



a)38、39、40、2回 繰り返す

b)38、39、40、2回 繰り返す

c)38、39、40、2回 繰り返す

d)38...39...40...2回 繰り返す

e)Thirty-eight/Thirty-nine, fourty... twice/I repeat...

f)Thirty-eight, thirty-nine, fourty. I repeat twice.
 ▽いちは氏の解説: 
 違いはtwiceの位置くらい。f)TEXHNOLYZE北米版は「2回繰り返す」という一つの文章であるのに対し、e)オルフェAmazon Prime英語字幕は独立した「2回」という暗号めいた単語が続いている感じ。a)TEXHNOLYZEは「2回」と「繰り返す」の間に少し間があり、e)オルフェAmazon Prime英語字幕の特徴を踏襲している。



a)(なし)
b)注意して聞け
c)注意 傾聴せよ 2,294 2回 7,777…
d)注意して聞きなさい 二千二百…94 2回
e)Twenty-two hundred and ninety-four... twice
f)(なし)
※ラガードー註。a)TEXHNOLYZEに登場しない詩が2編あり、これが1つ目。なおc)オルフェ吹替版の声は更に数字が続くが、登場人物のセリフと重なり聞き取りにくい]



a)注意して聞け 未亡人のベールは太陽の昼食 繰り返す

b)未亡人のベールは太陽の昼食/繰り返す 未亡人のベールは太陽の昼食

c)未亡人の黒いベールは太陽の本当の食事 1回 繰り返す

d)若き未亡人のベールは輝かしき太陽の昼食/繰り返す

e)The vails of young widows.../...are a true feast of bright noon... once

f)Listen carefully. The widow's veil is the sun's lunch. I repeat.
※ラガードー註。a)TEXHNOLYZEにのみ唐突に出てくる「注意して聞け」は、ひとつ前の詩のうちb)IVCの日本語字幕で書かれている部分(=「注意して聞け」)が使われている。ただしこれまでのc)オルフェ吹替版から想像するに、多くの詩の前置きで「傾聴せよ」と言っているようだ]

 ▽いちは氏の解説: 
 鏡もそうだが、日本語の名詞は単数か複数かをあまり自明しない。意図的に複数形にするより他の文脈で捉えることが多く、確かにa)TEXHNOLYZEのみを元にf)TEXHNOLYZE北米版を作ると単数形になる。
 着目したいのは、e)オルフェAmazon Prime英語字幕では未亡人が若い(young)点と、f)TEXHNOLYZE北米版の「the sun's lunch」に対しe)オルフェAmazon Prime英語字幕は「a true feast of bright noon」である点。

 f)TEXHNOLYZE北米版に「young」がないのは、単に表現をシンプルにするための省略か。

 実は、e)オルフェAmazon Prime英語字幕には「太陽」を意味する単語が無い。bright noonは「昼」であり、英英辞書では「太陽」につながる意味が見つけられなかった。ただ、d)オルフェAmazon Prime日本語字幕には「太陽の」とあり、元の仏語には「太陽」を示す言葉があるのだろう
 また、feastは特別な食事、宴会、饗宴、または祝日等を意味し、昼夜は関係ない。ただし、a)d)どちらの日本語訳も昼食と訳されているので、これもまた元の仏語には「昼食」に近いニュアンスの言葉が使われているのだろう。或いはe)オルフェAmazon Prime英語字幕を直訳すると「若き未亡人たちのベールは輝かしき正午の真の宴」となるので、「正午の宴」を「昼食」とどちらもシンプルに表現したのかもしれない。
 敢えて詩的な表現にするなら、「輝かしき正午の真の宴」も面白いと個人的には思うが、直訳調を避けたのか。TEXHNOLYZE的には“祭り”を連想させるfeastが似合いそうではある。



a)(なし)
b)ジュピターは破滅させる者を賢くする/繰り返す ジュピターは…
c)ジュピターは賢者にする 失いたい者を 繰り返す
d)ジュピターは破滅者に入れ知恵する/繰り返す
e)Jupiter enlightens those he would destroy
f)(なし)
※ラガードー註。a)TEXHNOLYZEに登場しない詩が2編あり、これが2つ目]


詩の対比はここまで。これらの詩を追究したところでTEXHNOLYZEもオルフェも理解が深まる訳ではない筈ですが、それはそれで言葉の表現を観察する機会に恵まれました。

↑同時期に行われていたs.e.lain名台詞総選挙の投票済み画面を模した、ラジオの詩の紹介。K-night氏制作によるコラージュ。


関連リンク。
黄昏の映画館「オルフェ」。鑑賞会を企画・主催したK-night氏による解説など。
ラジオから流れる短文(TEXHNOLYZE第19〜20話)は何者か
TEXHNOLYZE19〜20話、原典私設資料集
TEXHNOLYZE同時視聴会、私設覚え書き集
K-night氏にDVDを借り初めて「オルフェ」を観た際の駄文。10年以上前か…。
posted by Lagado at 20:43| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする