2021年03月01日

雑ツイート集。

戦隊ヒーロー番組、超電子バイオマン(1984)は、女性を2人含む初の編成だという。当初、男児向け作品に女性主人公は馴染まないとする意見があったが、
「2人だと女の子同士の会話というドラマ造りができる」
「一転して「女性5人でもいいのでは」という意見まで出た」(Wikipediaから)。
…ちょろいな。

床の間の掛け軸の代わりにモナリザ。

生理合同誌や痔合同誌や腹痛合同誌は聞いたことがあるが実際に入手したことがあるのは嘔吐合同誌のみ。

「今日の都内感染者数は最多60名」の頃からマスコミに踊らされるように外出は嫌だと大騒ぎしていた奴が、今では何も言わず普通に通勤している。スタートダッシュで既に力が尽きたか、または黒歴史を恥じているのか。

Pixivに「目イキング」という駄洒落タイトルが多すぎる。

職場に飲みかけのペットボトルを置き忘れたまま帰ってきてしまった仕事納め。

政府の提言は、1/11まで「休業しよう」ではなく「交代制勤務としよう」が妥当らしいが、取引先会社が事実として11日まで休業と決めたそうで誤解を貫いたその姿勢を羨む。

新型コロナだなんて安直な俗称で呼ぶものだから「更に新型の」種が出現したらどんな呼称が使われるのか滑稽だと思っていたら、普通に変異種という通称が定着しつつある。

男性にリード付け「犬の散歩」 外出禁止回避試みた女性に罰金、カナダ(2021.1.12 AFPBB News)
(引用) カナダ・ケベック(Quebec)州で、犬ではなく人間の男性にリードを付けて散歩することで、新型コロナウイルス対策の夜間外出禁止令を免れようとした女性が、罰金を科された。

布教を目的としてホテルの部屋に聖書を置くことは20世紀初頭の米国発祥らしく、その後キリスト教圏に広まった。ところでイランの観光客向けホテルの部屋にコーラン(HOLY QURAN)があった。教典を置く布教が今や風習として、他国は元より他宗教圏へも応用された一例かと。

電子取引システムの説明書を読んでいる。「マウスの使い方」のページがある一方で、RSSフィードの解説はなくcsvとtsvとxmlの違いを万人が知っている前提で話が進むムラのある構成。


去年は子年つながりでヌートリア肉料理を供していた店が、今年の正月は丑年つながりで「6種類の牛肉食べ比べ」企画を行っていたらしい。

Pixivで見覚えある絵柄を見かけた。11年前に何度もお話ししたことのある絵描きさんの作品だ。まだ活動していたのか。懐かしい。ホーム画面を見た。Twitterリンクへ飛んだ。ブロックされてた。

マウスのドラッグを知らない人へ電話越しにそれを説明するミッションを達成した。「左ボタンを押したままで引きずってくる」という言い回しは意外にも伝わらなかった。画面上のアイコンに物理的な重さはないが、マウスボタンを押す重みをして「引きずる」という表現が妥当と思ったのに。

(再掲)郵送でもらったラヴレターが料金不足だった、という話を聞いた。さりげなく自慢をするな。私だってもらったことあるぞ。料金不足の郵便くらい。

幼少の頃、コスモ星丸とバボちゃんを同一人物だと思っていた。

店頭のマネキン人形が、紐でつないだマネキンの豚を連れている。豚?

吐ロフィー。

「う」の変換候補1番目がなぜか「ウガンダ」。

農具がとても充実しているゲームといえばPS3「SIREN:NT」。

「アニメ主題歌のフル音源を無許可でYoutubeへ載せるのは違法。だが音楽に、自ら描いた二次創作絵を背景として付け映像へ加工すれば公開して良い」とする風潮は何だろう。加工すれば(投稿者の)創作に当たるとでも思われているのか、または実態として削除されにくいのか。

(以下人名は全て仮名)大学時代の女性講師田中先生。婚姻し戸籍上は「清水」姓だが旧姓使用していた。
その先生、長男を出産し「清」と名付けた。即ち長男の戸籍名は、清水清。曰く、私の旧姓は田中であり常に旧姓使用するので、わざわざ夫の姓と組合せて回文になると反対される謂われはないとの主張。

子は「自分の子」であると同時に「夫の子」でもある視点が抜けている所や、尋ねられもしないのに個人情報を声高に明かす態度に疑問を感じる。ただし多分家庭環境が複雑だろうと伺えるので深入りすべきでないかと。

大学時代、自らの手のひらをカッターナイフで浅く傷付ける女子学生がいた。本人曰く、手相の生命線が短いので刻んで延長しているそうだ。本気か、自傷行為の取り繕いかは不明。

オンラインでオフ会をするという言い回しが普通に通じる。
【関連する記事】
posted by Lagado at 12:17| Comment(0) | 雑ツイート集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

fragments-2021-05

posted by Lagado at 20:44| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

二等ダイニングの椅子も回転式と見られる件ほか覚書き

Titanic: Honor & GloryのTwitter投稿につき覚書き。
1.
“水平式”防水扉。防水扉はブリッジからの遠隔操作で閉扉できると広く知られているが、それは内部船底甲板にある“垂直式”扉のみ。その上階以上の扉は各所で手動操作にて開閉した。画像はE甲板左舷K隔壁を船首側から見たところ。画像奥がL隔壁。

2.
二等客室区画階段室。D〜E甲板間の踊り場。2か所あるうち後方の、エレベーターが無い方の階段室。画像奥が船首側で、扉の向こうが二等ダイニング。

3.
三等ダイニングの椅子は、「船長の椅子」という俗称がある。当時の他の客船の三等ダイニングと比べて豪華な作りだったことを指しての呼称らしい。
その形状は「四本脚で、床に固定された回転式」の椅子だった(四本脚で座面が回転する椅子は現代では珍しい?)。
二等ダイニングの椅子については知らなかったが、画像では椅子は一本脚。同じく床固定の回転式であろう。

4.
一等客室B甲板52号室プライベートデッキ。船首大階段とB52号室内から通じる(B54・B56号室からの出入口は無い)。ハーフティンバー様式(主に15〜17世紀北欧の建築様式。柱や梁が壁面上に見える)を模している。
誰がこの部屋を使ったか乗船名簿に残っていないとも言われる(典拠不明)が、イズメイ会長が使ったと事故後の米国査問会で自ら述べている。

5.
A甲板一等喫煙室の、ヴェランダカフェ&パームコートへつながる回転ドア。喫煙室とカフェは左右対称の造りだが、回転ドアは左舷側にしかない。
posted by Lagado at 06:17| Comment(0) | タ号連接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

fragments-2021-04

posted by Lagado at 06:17| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

fragments-2021-03

posted by Lagado at 20:50| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

扇島(おおぎしま/おうぎしま)

東京湾にある埋立島「扇島」。島内に市境があり、北部は川崎市川崎区、南部は横浜市鶴見区に属する。つまり両市に同じ「扇島」という地名が存するのだが、川崎市は「おおぎしま」、横浜市は「おうぎしま」と、読み仮名がそれぞれ異なっている。


なお、「おおぎ」は常用漢字表の、「おうぎ」は常用漢字表の訓読み。
posted by Lagado at 20:23| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

血小板献血ツイートの件

過日拙筆ツイートが広く拡散され、ツイナビで採り上げてもらった。
量産された記事なので内容は随分と薄いのであるが、まあ発端となった吾がツイートの内容も薄いと言われればそれまで。
posted by Lagado at 21:45| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月03日

2021年01月30日

刀の錆に+

posted by Lagado at 12:08| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月27日

刀の錆に

posted by Lagado at 20:15| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

fragments-2021-02

posted by Lagado at 19:01| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

fragments-2021-01

posted by Lagado at 12:38| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

ヒト生育の異時性と個体発生と系統発生の関連

 産まれる前の母体の中で人間は、最初は小さな受精卵であり、次第に中枢神経系が作られ、手足が形成され、(出産された後で)直立し、言語を使うようになる。これはまるで、単細胞生物から始まり、原初の頭索動物や両棲類や類人猿を経たヒトへの進化の歴史をなぞっているようだ

 E.ヘッケルはこの現象を「個体発生は系統発生を繰り返す」と表した。この説は時代によって賛否が分かれる。現在では「科学的に正しいとは言えない」「経験則上その傾向はある」など、部分的に評価される。

 S.J.グールドは、ヘッケルの説を(賛同したか否かは別として)発展させ、著書『個体発生と系統発生』(Ontogeny and Phylogeny, 1977)に於いて異時性(ヘテロクロニー)が人間の進化に寄与した役割を推論した。

 異時性とは、発生生物学に於ける概念で、進化によって成長の速さやタイミングが変化することを指す。

 例えばウーパールーパーは、両生類には珍しく、幼体の特徴そのままで成体となる。これは、生殖能力だけを優先して生育することで低栄養の環境下でも子孫を残しやすいよう進化した結果と見られる。この「幼体の特徴を残して成体となる」現象が幼形成熟(ネオテニー)と呼ばれ、異時性の一種だ。

 こうした異時性はヒトにも見られる。ヒトという種の誕生、とりわけヒトの脳の灰白質の成長に異時性がどう関与していたかが『個体発生と系統発生』では論じられる。

 …しかし実は。著書が難解で、要約できるほど精読できていないのが正直なところ。ヒトは「脳が優先して成熟する」ことによって、「体全体の成長が遅い分、脳が時間をかけて発育できる」よう進化した…、と大雑把に理解している。


posted by Lagado at 20:18| Comment(0) | 古典拝誦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

Charging Bull

丑。
posted by Lagado at 07:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

G.T.R.第6回(エアコミケ2合わせ)

G.T.R.第6回。エアコミケ2合わせで無償DL公開。


・下記BOOTHでDLできるファイルは、ここに載せた画像と同一です。
→ https://lagado.booth.pm/items/2615739

・過去の同シリーズは、
 1〜3:https://www.pixiv.net/user/1333971/series/54694
 4(有償):https://lagado.booth.pm/items/1895759
 5:http://lagado.seesaa.net/article/474870423.html

・[広告]過去作通販中。
 メロンブックス。https://www.melonbooks.co.jp/circle/index.php?circle_id=47954
 BOOTH。https://lagado.booth.pm
posted by Lagado at 10:00| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする